2016年05月26日

哺乳瓶の消毒方法


哺乳瓶.jpg

新生児にミルクを飲ませる哺乳瓶は、単に食器用洗剤で洗うだけ
ではなく更に消毒が必要です。

産まれたばかりの新生児は、雑菌に対する抵抗力が弱いので
ちょっとした雑菌でもお腹を壊したり、病気になったりします。

特に哺乳瓶の中が完全に洗えていなく、ミルクかすが付いていると
かっこうの栄養源となり雑菌が繁殖しやすくなります。

なので、哺乳瓶の消毒は必ずやる必要があります。

哺乳瓶の消毒方法は、一般に3つの方法がありますので、
哺乳瓶の洗い方と消毒方法について説明します。

・消毒前の洗浄

 哺乳瓶を水やお湯で洗うだけでは、ミルクを十分に落とすこと
 ができません。

 食器用洗剤と哺乳瓶や乳首の洗浄用ブラシを使って、きれいに
 洗いましょう。

 専用のブラシを使わない場合は、台所用スポンジでもよいと
 思いますが、哺乳瓶専用とし食器洗い用のスポンジと共用しない
 方が安全です。

 洗った後はよくすすぐことも大切です。

 一般の食器用洗剤を使うのは、ちょっと気になるという方は
 ちょっと高いですが哺乳瓶用の洗剤がありますので、そちらを
 使うとよいと思います。

・哺乳瓶の消毒の種類

 哺乳瓶の消毒方法には、次の3つがあります。

 ・煮沸消毒

 ・薬液消毒

 ・電子レンジでスチーム消毒


●煮沸消毒

 昔からやられてきた消毒方法で、料理に使う鍋で簡単にできます。

 鍋に水を入れ、洗浄した乳首、哺乳瓶、キャップフードを入れた後
 に沸騰させます。

 沸騰して5分で乳首を取り出し、10分したら残りを取り出します。

 お湯から取り出すときは、消毒した菜ばしやトングを使います。

 取り出したらミルクを作るまで、きれいな布巾などの上に置きます。

 
●薬液消毒

 哺乳瓶消毒用の薬液を購入して薬液を作り、その中に哺乳瓶、乳首、
 キャップカバーを1時間以上浸して行う消毒です。

 薬液は塩素系で次亜塩素酸ナトリウムが主体のものです。
 
 病院では大量の哺乳瓶の消毒が必要なので、多く使用されています。

 消毒し終わったものは、拭うとまた雑菌が付く可能性があるので、
 液が付いたまま使用します。

 薬液の交換は、1日に一回行います。

 哺乳瓶を一日に数本使う方には簡単で便利ですが、薬液が気になる
 方は向いていないかもしれません。


●電子レンジでスチーム消毒

 専用の容器に水と哺乳瓶、乳首、キャップフードを入れ決められた
 時間電子レンジでチンするだけで消毒ができます。

 専用の容器は購入する必要がありますが、何といっても5〜8分
 程度電子レンジにかけるだけで消毒ができますので、忙しいママに
 ぴったりです。

 専用の容器を購入する場合はサイズをよく確認し、使用している
 電子レンジの庫内に入ることを確認しましょう。

 電子レンジで消毒が終わったあとは、容器ごと冷まし触れられる
 ようになってから取り出します。

 粉ミルクを作るまで時間が空く場合は、そのまま保存容器としても
 使えます。


哺乳瓶の消毒方法は、それぞれ一長一短がありますが、忙しいママに
ぴったりなのは、電子レンジでスチーム消毒する方法ではない
でしょうか。

簡単で手軽なのは薬液による消毒もありますが、薬液の使用が
気になる方は、電子レンジでスチーム消毒する方法をオススメ
します。




posted by コーンフラワー at 23:43| Comment(0) | 粉ミルクの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。